NLP若手の会 (YANS) は、自然言語処理および関連分野の若手研究者・若手技術者の交流を促進し、若手のアクティビティを高めることを目指したコミュニティです。なお YANS は Young Researcher Association for NLP Studies の頭文字をとったものです。

MENU

NLP若手の会 (YANS) 第12回シンポジウム

NLP 若手の会

NLP 若手の会は,自然言語処理,計算言語学および関連分野の,若手研究者および技術者の学問研究および技術開発の促進をはかり,参加者の相互交流および成長の場を提供し,培われた学問研究および技術開発の成果が実社会に応用されることを奨励し,この分野の学問および産業の進歩発展に貢献することを目的として,年に1度,研究シンポジウムを開催しています.

今年も昨年に引き続き2泊3日の合宿形式でシンポジウムを行います.合宿を通じて密な議論を行う機会を設けるとともに,組織や研究室,業種を横断する幅広いつながりを醸成する機会を設けます.またそのためのレクリエーションも企画します.

更新情報

  • スポンサー企業のご協力により、参加費・宿泊費を値下げいたしました。(2017/8/17)
  • 招待講演、国際会議参加報告の講演者を掲載いたしました。(2017/8/4)
  • 発表・参加申し込みの受付を開始しました。(2017/06/29)
  • スポンサー募集(Call For Sponsors)のお知らせを掲載いたしました。 (2017/5/31)
  • 開催地・開催日を掲載いたしました。 (2017/5/23)

シンポジウム概要

  • 日時:2017年9月3日(日) 13:00受付開始予定 4日(月)5日(火) 13:30終了予定 (2泊3日の合宿形式)
  • 場所:沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ(〒900-0016 沖縄県那覇市前島3-25-1)

  • 参加費:

    • 宿泊の有無や参加日数に関わらず、一律です。また、2日目の昼食が含まれます。
      • 学生:2,000円
      • 社会人:4,000円
  • 宿泊費:

    • 1日目夕食,2日目朝食,夕食,3日目朝食が含まれます。
      • 学生:2泊3日 6,000円,1泊2日 3,000円
      • 社会人:2泊3日 14,000円,1泊2日 7,000円
  • オプション:

    • 前泊:6,560円
    • 後泊:5,480円

運営の都合上,参加費・宿泊費は事前にお支払いいただきます.お支払い方法は、参加者にお送りしましたメール「参加費・宿泊費についてのご案」をご確認ください。

  • 発表・参加申込み期間: 6月29日(木)~7月31日(月)
  • 参加対象:どなたでも御参加いただけます.発表を行わない方々の参加をとくに歓迎いたします!

発表・参加募集要項

NLP若手の会は,自然言語処理および関連分野の若手研究者の交流を促進し,若手のアクティビティを高めることを目指し,シンポジウムを開催します.これから始まる,または始まったばかりの研究の発表を歓迎し,活発な議論を行う場を実現したいと考えています.

昨年度に引き続き,本年度のシンポジウムではポスター発表とデモ発表の2つを募集します.デモ発表にお申し込みいただいた場合,発表ブースにディスプレイおよび電源を用意しますので,それを利用して自身のシステムを展示することが可能です.

以下のように研究発表を募集しますので,奮ってご応募ください.(申し込みはこちら

発表テーマ

発表資格

特に発表に際して制限は設けません.言語処理学会の会員・非会員を問いませんが,入会をお勧めします.

発表形式

本シンポジウムではポスター発表とデモ発表を別々に募集いたします。 * 同じ研究内容でポスターとデモの両方に発表を申し込むことはできません * 本年度のシンポジウムでは口頭発表は募集いたしません ポスター・デモ発表1件につき,ブースターセッション2分程度とポスター・デモセッション90分程度となる予定です(プログラム編成上多少変更になる場合があります).

  • ポスター発表:
    • 1人1つのブース(A0サイズ、縦・横ともに可)を用意します
  • デモ発表:
    • CUIGUI等のアプリケーションの形式に関しての制約はありません
    • 発表形式は通常のポスター同様に1人1つのブースを用意します
    • 発表ブースには少し大きめのディスプレイを設置する予定です
    • デモの説明を補助するためにポスターを使って頂いても構いません(デモ発表ではポスターは奨励賞の審査対象外となります)

奨励賞について

本シンポジウムでは,ポスター発表とデモ発表ごとに優秀な研究に奨励賞を授与いたします.本奨励賞はこれから始まる,または始まったばかりの研究を奨励することを主旨とするものであり,現時点の研究の完成度よりもアイディアの面白さおよび新規性,発展性への期待を重視します.デモ発表の奨励賞は純粋にデモだけで審査します.

論文提出

論文の提出は任意です.論文の提出を希望する方は発表申込時にその旨をお知らせください.提出していただいた論文はオンライン予稿集としてウェブページに掲載します.

参加旅費の補助

所属機関の都合等で参加にかかる旅費を工面することが困難な方を対象として,参加旅費の一部または全部を補助する事業を実施します.以下の条件をすべて満たす希望者を募集します.希望者は発表申し込み時にその旨をご連絡ください.

  • 応募条件:
    • 発表者であること
    • 学生であること(社会人学生は除く)
    • 下記の情報を添えて希望の旨申し出た者
      • 旅費の援助が必要な理由
      • 交通費の見積もり
      • 指導教員の連絡先

なお,配分は,プログラム委員会において,シンポジウムの性質を鑑み,完成度よりも研究の独創性を重視して定めます.応募の時点で補助が保証されるわけではありませんので,予めご了承ください.–>

審査・採択通知

発表内容をプログラム委員会で審査しその結果を8月4日(金)にお知らせします.原則,全てのお申し込みを受け付けますが,以下の点からご発表をご遠慮いただく場合があります.

  • トピックの多様性を考慮し同一研究室からの多数の発表はご遠慮いただく場合があります
  • 申込が多数となった場合は未発表および早期申込の論文を優先する場合があります

プログラム

招待講演

第12回シンポジウムでは

  • 峯島宏次 先生(お茶の水女子大)
  • 秋葉拓哉 氏(Preferred Networks)

による招待講演を予定しています。

国際会議参加報告

栗田修平さん(京都大)にACL2017参加報告を講演いただける予定です。

スケジュール

  • 2017年7月31日(月) :発表・参加・宿泊申込締切
  • 2017年8月4日(金) :採択通知
  • 2017年8月17日(木)〜8月25日(金):参加費振込期間
  • 2017年9月3日(日)〜9月5日(火) :シンポジウム

主催

NLP 若手の会
NLP 若手の会運営委員会

お問い合わせ

ご質問がございましたら次のメールアドレスまでご連絡ください.

  • NLP 若手の会第12回シンポジウム プログラム委員会 お問い合わせ yans2017-inquiry (at) googlegroups.com

NLP 若手の会第12回シンポジウム スポンサー

スポンサー一覧

NLP 若手の会第12回シンポジウムプログラム委員会

  • 委員長
    • 中澤 敏明 (JST)
  • 委員
    • 荒瀬 由紀 (阪大)
    • 石渡 祥之佑 (東大)
    • 菊池 悠太 (PFN)
    • 久保 光証 (Gunosy)
    • 佐藤 美沙 (日立中研)
    • 鈴木 由衣 (首都大)
    • 高瀬 翔 (東北大)
    • 田中 リベカ (お茶大)
    • 徳永 拓之 (SmartNews)
    • 能地 宏 (NAIST)
    • 萩行 正嗣 (ウェザーニューズ)
    • 馬緤 美穂 (東工大)
    • 光田 航 (NTT MD研)
    • 宮田 玲 (名大)
    • 村脇 有吾 (京大)
    • 横井 祥 (東北大)
  • 顧問
    • 海野 裕也 (PFN)
    • 岡崎 直観 (東北大)
    • 西川 仁 (東工大)